GlusterFSとucarpを試す

GlusterFSとucarpを使って、冗長構成なNFSを作ってみる。
まぁ、難しいことは何もなく、普通に動いた。

aとbがGlusterFS/NFSサーバ、cがクライアント。
いずれもFreeBSD 10.1-RELEASE-amd64。

GlusterFSの設定。

a# zfs create -o mountpoint=/glusterfs-data zroot/glusterfs-data
b# zfs create -o mountpoint=/glusterfs-data zroot/glusterfs-data
a# gluster volume create gv0 replica 2 10.0.0.1:/glusterfs-data/brick 10.0.0.2:/glusterfs-data/brick
a# gluster volume start gv0

ucarpの設定は/etc/rc.confにて。

ucarp_enable="YES"
ucarp_addr="10.0.0.127"
ucarp_if="em0"
ucarp_src="10.0.0.1"
ucarp_pass="password"
ucarp_vhid="127"
ucarp_upscript="/usr/local/sbin/ucarp-up"
ucarp_downscript="/usr/local/sbin/ucarp-down"
ucarp_xparam="em0 ${ucarp_addr}"

b側はucarp_srcを10.0.0.2に。

あとは第3のホストからNFSをマウントするだけ。

c# mkdir /glusterfs
c# mount -t nfs 10.0.0.127:/gv0 /glusterfs

aやbをrebootしたりしてみても、キチンと接続は維持されている。
……でも実感がないので少々いじめてみる。

いじめ用スクリプトはこちら。

  • aがMASTER時に、aをshutdown。
    もちろん問題なし。ただし、shutdownしてから少しの間は固まる。
  • aがMASTER時に、a, bの順にshutdown、a, bの順に起動。
    aを起動しても回復しない(cは固まりっぱなし)が、bが起動してから回復。
    起動時にpeerをチェックしてるのかな?
  • aがMASTER時に、a, bの順にshutdown、b, aの順に起動。
    これも動作としては変わらず。すでに動いている場合はともかく、単独では起動できないらしい。

split brainになって壊れないかなーと思ったけどならない。
quorumが有効なのかと思って調べたけどそんなこともない。

# gluster volume set help
(...snip...)
Option: cluster.quorum-type
Default Value: none

そもそもquorumが有効だったら、片方が落ちた時点で書き込めなくなるハズだしね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *