zfs sync=disabledはどのくらい危ないのか

VMware ESXi用ストレージをZFS+NFSで運用していると必ず出てくる “sync=disabled” の件。 できればZIL(ZFS intent log)にSSDを使うなどして、安全にレイテンシを削るのが望ましいが、そうは言っていられないこともある。 仕方なく”zfs set sync=disabled”するとどれくらい危険かを少しだけ計ってみた。本当に少しだけ。

CloudStack導入チャレンジ

前回のOpenStack導入ではかなり不安定な印象があり、正直なところ運用に耐えられないと判断しました。 果たしてこの界隈のソフトはみな同じ程度の品質なのか?というわけで、今回はApache印のCloudStackに挑戦しました。 結果、あえて語ることがない程度には簡単で、しかし単純なbridgeだけするようなネットワークには向かないことがわかりました。 画面もきれいに整っていて、OpenStackほどはログをあちこち見なくてもトラブルシュートできました。(製品としては不満です。) ところどころハマったので、結果はOpenStackのときと同様にまとめました。 OpenStackと比べた個人の感想。 いいところ: 導入が桁外れに楽ちん。ただしRHELに限る。 画面が桁外れにきれい。そして飽きても邪魔にはならなさそう。 ISOイメージから簡単にOSがインストールできる。 ログは大体2個見ればいいので楽。ちょっと出すぎだけど。 /var/log/cloudstack/management/management-server.log と /var/log/cloudstack/agent/agent.log の2つ。 よくないところ: L2ブリッジできない。 たとえば仮想マシンと物理マシンでIP以外の通信を扱いたい場合には向かない。 (Load Balancerなども使えるようなので、その関係である模様。L3/IPだけを使う、サブネットを別にしてもいいなどを割り切れるのなら、問題にはならない。) 重い。 Management ServerがJavaでメモリを馬鹿食いする。また管理用にVMが2つ必須で、インストール直後でメモリ1.75GB消費という体たらく。 結果としては、悪くはないけれどダメです。特にブリッジができないのが痛い。 もうKVMとかをvirshで使えばいいような気もしてきましたが……やっぱりGUIがほしいのでもう少し続きます。

CloudStackインストール

大雑把な手順 CentOS 7をインストールする。 SELinuxを無効にする。 NetworkManagerをアンインストールする。 CloudStackをインストールする。 CentOS 7用にちょっと改造する。 目的や共通の部分はOpenStackのときと同じなので省略します。 SELinuxを無効にする いつか有効にしたいというわけはないので、PermissiveではなくDisabledにします。 /etc/selinux/config: # SELINUX=enforcing SELINUX=disabled CloudStackをインストールする 基本は以下のページのとおりです。CentOS 7の関係で、ちょっといじってます。 Quick Installation Guide for CentOS 6 /etc/yum.repos.d/cloudstack.repoを作ります。 [cloudstack] name=cloudstack baseurl=http://packages.shapeblue.com/cloudstack/main/centos7/4.5/ enabled=1 gpgcheck=0 インストールする。簡単。 # yum install -y mariadb-server cloudstack-management cloudstack-agent # systemctl enable mariadb.service # systemctl start mariadb.service # cloudstack-setup-databases cloud:password@localhost –deploy-as=root # cloudstack-setup-management System VMを準備する。 事前にSecondary Storageを/secondaryにマウントしておきます。 […]

OpenStack導入チャレンジ

我が家で使っているESXi(vSphere Hypervisor)はちゃんと動くので好きですが、いざというときに何が動いているのかわかりにくかったり、vSphere Clientが重くてイライラするなどが気になっていて、置き換えを探しています。 OpenStackはHavanaの頃に一度挑戦してうまく行かず、今回はJunoをRDOでやってみました。 Kiloも挑戦したものの、エラーが山ほど出る上にメッセージが不快(※)なので諦めました。 ※ エラーがそんなにいっぱい出なければ、かわいいで済んだと思う。 結果としてはまぁ、そこそこ動くものの、複数台構成(複数のnova-compute)を動かすところまで行けず、断念しました。 せっかく使う以上、Live MigrationやHAくらいはやりたかったのですが、まるまる一週間ほど突っ込んで到達できなかったので折れました。 経過は別ページにまとめてます。 少しでも誰かの役に立つといいのですが。 次はCloudStackをやってみようと思ってます。

OpenStackでESXi環境を置き換える

大雑把な手順 CentOS 7をインストールする。 NetworkManagerをアンインストールする。 OpenStack Junoをインストールする。 ネットワークを設定する。 ISOイメージ+HDD構成できるようにバグを直す。 仮想マシンにOSをインストールする。 このページでは以下の記法をしています。 設定ファイルを作成・編集する場合、ファイル名に続けて内容を示します。 すでに存在するファイルに対する編集の場合は、その内容すべてを表してはいません。(書いていない内容はデフォルトです。) すでに存在する設定内容を書き換える場合、書き換え元をコメントアウトする表現をしています。 例えば、以下のデフォルト設定があり、 [DEFAULT] foo1=bar1 foo2=old これを以下に書き換える場合、 [DEFAULT] foo1=bar1 foo2=new 以下で表現します。共通である部分は表現していないことに注意してください。 [DEFAULT] #foo2=old foo2=new 目的 ESXiの代わりにOpenStackを使う。 私の考えるESXiの代わり、なので、すでにあるOSのクローンを大量に展開する、といったクラウド的な考え方は一切ありません。 Webから操作できる仮想化のプラットフォームを求めます。 また、2台以上での環境は構築しません。 CentOS 7のインストール このへん(http://www.centos.org/download/)からダウンロードしてDVDを焼いて、インストールします。 今回はMinimal ISOを使いました。 Xはサーバには不要。どっか行け。 NetworkManagerのアンインストール 生かしておく理由がないのでアンインストールします。 邪魔なだけです。(本当に邪魔するのでアンインストール必須。) # service NetworkManager stop # yum remove NetworkManager OpenStack Junoのインストール 後述するFlatNetworkingを使いたいので、ちょこちょこと指定します。enp2s0は物理インタフェースの名前、physicalはこの物理インタフェースにブリッジするネットワークの名前(お好み)です。 # yum install -y https://repos.fedorapeople.org/repos/openstack/openstack-juno/rdo-release-juno-1.noarch.rpm […]