Pandora FMSで遊ぶ(1)

Zabbixもいい加減古い。 UIも古臭いから、なにか試そうと思って見つけたPandora FMSをFreeBSD環境に入れてみた。 今回はインストールの話だけ。

WITNESSとdouble fault

昨日散々悩まされた件、もしやと思ってWITNESSを切ったら起きなくなった。 これはWITNESSによる負荷やタイミングのずれが原因と見るべきか、それともWITNESSがバグっているのか……。 検証してみたいけど、今その元気は無い。

RedZone/memguardでカーネルデバッグ

モジュールをいじってたらkernel: Fatal double faultでpanicするようになってしまったので調査。 とはいってもdouble faultの原因リストなんて知らないので、ここはメモリ破壊系バグによる誤動作に賭けて調査開始。

バグレポート初め

正月という儀式を無視して年末からずっとunionfsを改造してたら、kern側のバグっぽいものを見つけたのでレポートした。 215705 – VOP_REMOVE call with invalid cn_nameptr 個人的にはバグだと確信してるけど、実はVOP_REMOVEのときはcn_nameptrは壊れててもいいとかあるのかな……ないよね……。

panic: ufs_direnter: compact2

この前から続けてunionfsをいじってたらpanicにやられた。 panicの中身からは分かりづらかったけど、VOP_CREATEに先んじてVOP_LOOKUPを呼んでいなかったことが問題らしい。 1ヶ月以上はまっていたので記録を残しておくことにした。 きっと誰の役にも立たないけど。

unionfsのバグを直そう

FreeBSDのunionfsがバグっててひどいという話。 元々、jailをunionfsを使って管理したいと思ってはじめたもの。Dockerがaufsを使っているのと同じイメージ。 同じようにハマる人はたくさんいるようで。

zfs sync=disabledはどのくらい危ないのか

VMware ESXi用ストレージをZFS+NFSで運用していると必ず出てくる “sync=disabled” の件。 できればZIL(ZFS intent log)にSSDを使うなどして、安全にレイテンシを削るのが望ましいが、そうは言っていられないこともある。 仕方なく”zfs set sync=disabled”するとどれくらい危険かを少しだけ計ってみた。本当に少しだけ。

Shuttle DS57Uがディスプレイなしで起動できない

タイトルどおり。 ShuttleのスリムでシンプルなDS57Uを愛用していたけど、FreeBSD 10以降でディスプレイなしだと起動できない。 今のところ解決法は無さそう。起動時だけディスプレイをつなぐか、HDMIのダミーアダプタをつなぐかしないといけない。

QNAP TS-451にFreeBSDをインストールする

iSCSIが応答しなくなったりして困った挙句、FreeBSDをインストールしちゃった。 TS-451の中身はただのIntel CPUなPCなので、特に問題なくインストールできる。 怖いので内蔵Flashにはインストールせず、HDDにインストールした。

QNAP NAS+iscsi+zfsが固まる(2)

前回の続き。 結局FreeBSD 9.3-RELEASEにしたら直った。 FreeBSD 10.0以降のiSCSI Initiatorがおかしいか、相性が悪いかのどちらか。 パケットキャプチャの結果があるから後者もあるとは思うが、余計なバグを踏まされたので前者も疑わしい。