GlusterFSの構成ディスクを交換する

図らずも一台のデータを壊してしまったので嬉々として復旧実験。
ノード自体は生きているが、brickの中身を壊しちゃったという場合の話。

参考にするのはGlusterFSの公式資料。

http://www.gluster.org/community/documentation/index.php/Gluster_3.4:_Brick_Restoration_-_Replace_Crashed_Server

  1. とりあえずglusterfsを止める。
    現状、FreeBSD版のservice stopだと子プロセスが残るのでkillallしてくださいな。
    (そのうち直します。あとglusterfsdじゃなくてglusterdが正しいという話もね……。)

    # service glusterfsd stop
    # killall glusterfsd
  2. ディスクを入れ替えたりいろいろする。
    newfsとかmountまで済ませる。
  3. brickのディレクトリを手動で作る。
  4. setextattrbinを持ってきてビルドしておく。(→おまけ)
  5. brickのディレクトリにvolume-idを設定する。ちょっと長いone-linerだけどこんな感じ。
    # cat /var/db/glusterd/vols/<ボリューム名>/info |
        perl -ne 'm/volume-id=/ and s/^.*=// and s/-//g and print' |
        setextattrbin user trusted.glusterfs.volume-id -stdin 
  6. glusterfsを起動して、healを開始させる。
    replicatedなら、

    # service glusterfsd start
    # gluster vol heal <ボリューム名> full

    disperseならNFSでマウントしてから、

    # find <マウント先> -exec stat {}\;

    などで復旧を開始。

おわり。

おまけのバイナリ値なxattrの話

標準のsetextattrだと文字列しか設定できない。
一応バイナリ(表示不可文字)も引き数に設定できるものの、万が一”00″が入ったらダメ。
たとえば、こんな風に消えてしまう。(これだけだとperlの責任が否定できないけどね)

# echo -n "110022" | perl -e 'print pack("H*", );' > a
# hexdump -C a
00000000  11 00 22                                          |.."|
00000003
# perl -e 'print $ARGV[0]' `cat a` | hexdump -C
00000000  11                                                |.|
00000001

そんなわけでsetextattrbinを作ったのです。

Comments are closed.