Shuttle DS57Uがディスプレイなしで起動できない

タイトルどおり。
ShuttleのスリムでシンプルなDS57Uを愛用していたけど、FreeBSD 10以降でディスプレイなしだと起動できない。
今のところ解決法は無さそう。起動時だけディスプレイをつなぐか、HDMIのダミーアダプタをつなぐかしないといけない。

  • FreeBSD 9.3-RELEASEは特に何もしなくても起動できる。
  • FreeBSD 10.3-RELEASEはカーネルの読み込み中?かどこかで止まっている。(電源ボタンを一度押すだけで切れる)
  • FreeBSD 11.0-RELEASEは10.3-RELEASEと同じ。

9系列はiscsi initiatorがものすごくポンコツなので使いたくない。EOLも近い。

10.3-RELEASEではさらに以下を調べたが改善せず。

  • /boot/loader.confにkern.vty=scを書くとカーネルの読み込みは通過する。が、ifconfigが走るあたりで突然フリーズしてそのまま。(panicにすらならず、電源ボタン5秒押しでしか切れない)
  • コンソールをシリアルに切り替えても変わらず。(上の件がどこで止まったのかが分かるのはシリアルで見たから)
  • BIOSの設定に内蔵グラフィックのON/OFFはない。RAMをどのくらい共有するかの設定はあるが、デフォルト(64MB)から増加(256MB)させても変わらず。

ディスプレイ有無やsyscons/vtの設定の影響を受けるあたり、チップセットやディスプレイドライバ周りが原因と思うのだが、panicにすらならないと素人としては調べづらい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *