WiFi設定用QRコードの生成

自分用のメモ。 アプリで生成だのなんだの、面倒そうなことばっかり。 Webサイトで生成できる。 pure JS WiFi QR Code Generator “pure JS”でブラウザ上だけで動く。通信しないので安心。 検索すると上のほうに出てくる mqr.kr (当然リンクしないよ)はSSIDやパスワードをURLに含めて送っちゃうので、とても推奨できない。というかダメだろう、これ。 怪しいなと思って、ダミーのデータを入れつつチェックしていてよかった。 追記: zxing.appspot.com/generator も同じくGETで送ってるのでダメ。 みんな気にしないのか、堂々と罠をかけてるのか。

matrix(の実装であるsynapse)をFreeBSDで動かす

気がつけば2週間。 decentralizedなコミュニケーションツール “matrix” の実装である “synapse” をFreeBSDで動かした。 メモを見ながら書くので抜けている可能性大。

寝正月2018

新年明けましておめでとうございます。 寝正月万歳です。 去年はGo Langに手を染め、しかし見た目の汚さが許容できず、LispやらSchemeに逃げました。 長年親しんだC/Perl/Pythonのようには自由にかけませんが、いずれはメイン言語にしていきたいものです。 さて、寝ぼけた頭で、いま頭に詰まっている内容を吐き出します。 Schemeまわりは以下の件でどこかにこぼれ落ちていったので、またそのうち。

GitLabでmermaidを使う

GitLabでmermaidを使いたい。 PlantUMLが使える?なんで絵をWikiに入れたいだけなのにJava VMなんて重いものを動かさなきゃならないんだ。

Pandora FMSで遊ぶ(1)

Zabbixもいい加減古い。 UIも古臭いから、なにか試そうと思って見つけたPandora FMSをFreeBSD環境に入れてみた。 今回はインストールの話だけ。

SAN付きSSL証明書を作る

サーバが複数の名前を持つときに使いたい、SSL証明書のSAN(Subject Alternative Name)。 どこを見ても微妙に気に入らなかったので自分流に。

WITNESSとdouble fault

昨日散々悩まされた件、もしやと思ってWITNESSを切ったら起きなくなった。 これはWITNESSによる負荷やタイミングのずれが原因と見るべきか、それともWITNESSがバグっているのか……。 検証してみたいけど、今その元気は無い。

RedZone/memguardでカーネルデバッグ

モジュールをいじってたらkernel: Fatal double faultでpanicするようになってしまったので調査。 とはいってもdouble faultの原因リストなんて知らないので、ここはメモリ破壊系バグによる誤動作に賭けて調査開始。

バグレポート初め

正月という儀式を無視して年末からずっとunionfsを改造してたら、kern側のバグっぽいものを見つけたのでレポートした。 215705 – VOP_REMOVE call with invalid cn_nameptr 個人的にはバグだと確信してるけど、実はVOP_REMOVEのときはcn_nameptrは壊れててもいいとかあるのかな……ないよね……。